椎間板ヘルニア・
脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは?

「椎間板」とは、背骨を構成する骨と骨の間にある薄いゼリー状の軟骨のことを言い、「クッキーサンド」をイメージして頂くとわかりやすいかもしれません。つまり「クッキーサンド」の中身にあたる部分が「椎間板」であり、中身を挟むクッキーが骨というわけです。

その骨と骨の間に挟まれた「椎間板」が、背骨のゆがみ、また事故やけが、長期に硬くなった筋肉により過度な負荷がかかり、骨と骨の間から押し出された状態を「ヘルニア」と言います。

そしてこの押し出された「椎間板」が神経を圧迫することで、痛みやしびれなどを発生させるのです。

椎間板ヘルニアにより発生する症状

「椎間板ヘルニア」の症状には、頸、背部痛、手足のしびれ、部腰痛、足の痛み、また足のしびれなどがあります。発症した当初は腰の部分的痛みだけなのですが、悪化すると痛みが足へと拡散し、電気が走るようなしびれを感じるようになります。さらにその状態を放っておくと、最悪の場合、足の麻痺にまでいたることがあります。

パソコンやスマートフォンなど、何時間もうつむく姿勢をとる方、重たい荷物を持つお仕事(運送業や引っ越し業など)をされている方、身長が高く細身の方、また急激に体重が増えた方、腰周りの筋肉が異常に硬くなり、背中や腰が伸びにくくなっている方などによくみられる病気です。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは?

「脊柱管狭窄症」とは、背骨の中に神経が通るトンネル(脊柱管)のようなものがあり、そのトンネルが何らかの原因で狭くなり、神経を圧迫することで痛みを発生させる病気です。
「脊柱管」が狭くなる原因として、「中に骨のカスが溜まる」「加齢現象」「生まれつき脊柱管が狭い」などがあり、多くの場合、これらに腰の曲がりや姿勢の悪さなどが加わって、症状が助長されることとなります。

脊柱管狭窄症により発生する症状

この「脊柱管狭窄症」が発症すると、腰や足の痛み、また足のしびれ・麻痺などの症状が発生します。痛みがあるにもかかわらず放置するとそれだけ治療も難しくなるので、早期発見・早期治療を心がけ、上記の症状を感じた時にはできるだけ早く当院で治療を受けるようにしてください。

椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症の治療方法

「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」の治療は、圧迫を起こしている箇所に対して、その圧迫を緩和させために背骨の矯正を行います。また背骨の矯正を行う前には、筋肉へのアプローチとしてマッサージ・鍼・灸を行い、痛みを緩和させ 血流を良くして代謝を促します。

「椎間板ヘルニア」や「脊柱管狭窄症」などの自費治療は保険治療と違い、お医者さんに通いながら当院でも治療を受けることができますので、お医者さんのところで痛み止めの注射を打ってもらい、痛みが軽減した時に当院で背骨の矯正を行う、こういった治療を受けることも可能です。

総合治療(鍼灸・理学療法含む)費用

初診6.000円(税込)   次回5.500円(税込)

整体・矯正治療費用

初診5,000円(税込)   次回4,500円(税込)

鍼、灸が苦手な方はこちらをお受け下さい

堀整骨院 メールでのお問い合わせ
PageTop